季節の和菓子のお取り寄せ・贈答には「双松庵唯七」の通信販売。南信州から信州素材の高級和菓子をお届けいたします。

   

お電話受付 AM 8:15 〜 PM 5:15 土・日・祝日休み

 
和菓子の双松庵唯七トップ  >   >   初春を寿ぐ迎春の特集

2019年!初春を寿ぐ迎春の特集


和菓子の双松庵唯七の和生菓子
初春を寿ぐ迎春の特集

初春じょうよ三種詰合せ12個/初春を祝うお菓子の掛け紙つき!(箱・包装・手提げサービス)

初春 初春じょうよ三種詰合せ/12個3,200円
色とりどりの三種のじょうよ饅頭12個詰合せ


【柚子じょうよ饅頭】4個/冬の味覚・柚子の形のじょうよ饅頭。白ゆず餡が爽やかに香ります。
【うさぎじょうよ饅頭】4個/ふっくらとした白い生地に、表情をつけ可愛らしいうさぎに見たてたじょうよ饅頭です。
【梅じょうよ饅頭】4個/甘露煮のペーストを練り込んだ白餡を、薄紅色のじょうよ生地で包み、梅鉢型の木型で抜きました。

生地に山芋粉を練り込み、ふっくらしっとりと蒸し上げたじょうよ饅頭。きめ細やかな生地と中餡が上品な味わいです。 「柚子」「うさぎ」「梅」をかたどった、色とりどりの可愛らしい三種類のじょうよ饅頭は見た目も華やかで、年末年始のご挨拶のお供や、御歳暮・御年賀などの贈り物としても最適です。

販売期間:期間限定:12月1日〜1月末日       販売中        
初春じょうよ三種詰合せ     12個入   3,200円(税込)     詳しく見る   ≫≫



初春セット

初春を寿ぐ「迎春和生菓子」のご案内

歌会始のお題がし「暁光」 双松庵唯七の2019年のお題菓子「暁光」です!
新春を祝うにあたり、職人が丹精込めた技で創作した上生菓子の数々をお楽しみください。
平成31年度、宮中歌会始のお題は「」。宮中歌会始は、年頭に宮中で行われる、和歌(短歌)を披露しあう「歌会始の儀」のことです。双松庵唯七では、宮中歌会始のお題「」にちなみ、新春、南信州の澄み渡る東の空に差すと、昇る太陽に照らされた大地を意匠した和菓子を創作いたしました。左の画像は今年度のお題を意匠しました、お題菓子「暁光」です。柚子餡入り錦玉に金箔をあしらい、光あふれる和菓子に仕立てました。

新年を祝う華やかな祝い菓子5種
新年を祝う祝い菓子6種 【初梅】・・白餡入りの雪平餅に紅色羊羹を添え、梅の枝と花で飾りました。
【大納言】・・求肥餅を皮剥きこし餡で包み、蜜煮大納言小豆まぶした大納言かのこで「マメに暮らす」の意味。
【南天】・・祝いに使われる縁起の良い「南天」を表した迎春菓です。
【栗納言】・・・求肥餅を手亡豆餡で包み表面に栗の甘露煮をあしらった栗かのこです。
【祝い鶴】・・手亡豆を雪平生地で包み長寿と健康の象徴である鶴をかたどりました。

新春上生菓子(二段重)上生菓子7種8個詰合せ(冷凍便)

新春上生菓子(二段重)8個 新春上生菓子(二段重)上生菓子8個/2,430円

新年を祝う華やかな上生菓子と、平成31年宮中歌会始のお題にちなんだお題菓子「暁光」の6種計8個を詰合せました。上生菓子好きにはたまらない詰め合わせです。
一つ一つは透明なケースに入っていて清潔でお客様にも安心してお出しできます。
≪詰合せ内容≫
栗納言,南天各2個、初梅,大納言,暁光,祝い鶴各1個

発送期間:期間限定:12月20日〜1月末日       販売中        
「新春上生菓子(二段重)」     8個入   2,430円(税込)     詳しく見る   ≫≫

新春上生菓子(二段重)上生菓子7種12個詰合せ(冷凍便)

新春上生菓子(二段重)12個入 新春上生菓子二段重/12個/3,510円

新年を祝う華やかな上生菓子と、平成31年宮中歌会始のお題にちなんだお題菓子「暁光」の6種計12個を詰合せました。上生菓子好きにはたまらない詰合せです。ご家族・ご親戚の集まりが多い年末年始、団欒の際のお茶菓子に上生菓子はいかがでしょうか。12個入りは大人数でお召し上がりいただくのにおすすめです。
≪詰合せ内容≫
初梅,南天,暁光,大納言,栗納言,祝い鶴各2個

発送期間:発送限定:12月20日〜1月末日       販売中        
「新春上生菓子(二段重)」     12個入   3,510円(税込)     詳しく見る   ≫≫

花びら餅5枚入り(冷凍便)

花びら餅/5枚 花びら餅/5枚1,500円

新年行事の「歯固め」に・・・柔らかな雪平餅の中に菱餅と味噌餡とごぼうの風味が絶妙な「花びら餅」。双松庵唯七では、一つ一つ手作りで丁寧に仕上げた「花びら餅」を美味しさ其のままに冷凍便でお届けします。
【長寿を願う「歯固めの儀式」】花びら餅は、平安時代の宮中の新年行事「歯固めの儀式」を簡略化したもので宮中のおせち料理の一つと考えられています。餅の上に赤い菱餅(ひしもち)を敷きその上に猪肉や大根、鮎の塩漬け、瓜などをのせて食べていたが、だんだん簡略化され、餅の中に食品を包んだものを公家に配るようになりました。さらには鮎はごぼうに、雑煮は餅と味噌餡でかたどったものとなり宮中に菓子を納めていた川端道喜が作っていましたが、 明治時代に裏千家家元十一世玄々斎が初釜のときに使うことを許可され、新年のお菓子として使われるようになりました。

発送期間:期間限定:12月20日〜1月末日       販売中        
「花びら餅5枚」     5枚入   1,500円(税込)     詳しく見る   ≫≫

花びら餅と上生菓子詰合せ(冷凍便)

花びら餅と上生菓子詰合せ(松)9個 花びら餅と上生菓子詰合せ/9個2,500円

新年を祝うのにふさわしい上生菓子と伝統的な新年の菓子、花びら餅の詰合せ。職人が一つ一つ手づくりした、見ても食べても華やかで美しい【上生菓子】と、古くから、新年の歯固め行事で用いられていた【花びら餅】を専用の化粧箱に詰合せました。
≪詰合せ内容≫
【上生菓子】初梅、祝い鶴、栗納言、暁光 各1個
【花びら餅】5枚

発送期間:期間限定:12月20日〜1月末日       販売中        
花びら餅と上生菓子詰合せ    9個入   2,500円(税込)     詳しく見る   ≫≫