和菓子の双松庵唯七、市田柿と栗の創作和菓子「柿寿楽の特集」

季節の和菓子のお取り寄せ・贈答には「双松庵唯七」の通信販売。南信州から信州素材の高級和菓子をお届けいたします。

   

お電話受付 AM 8:15 〜 PM 5:15 土・日・祝日休み

 
和菓子の双松庵唯七トップ > > 創作和菓子柿寿楽(かきじゅらく)の特集

信濃路 柿寿楽 (しなのじ・かきじゅらく)の特集

市田柿の創作和菓子は、柿寿楽市田柿の創作和菓子、柿寿楽3個販売ページへ
市田柿の創作和菓子、柿寿楽5個販売ページへ
市田柿の創作和菓子、柿寿楽8個販売ページへ
市田柿の創作和菓子、柿寿楽10個販売ページへ

※─特産市田柿の中に栗きんとん柚子餡を贅沢に詰めました─※
─【地域ブランドに認定された特産「市田柿」の創作和菓子】─ 自然からの贈り物、南信州伊那谷特産の市田柿(自社栽培)を丸ごと使った和菓子の逸品!「市田柿」は、甘さ・柔らかさ・色・大きさ・どれをとってもお菓子素材にうってつけの干し柿で其の中に、地元産「栗と柚子」そして手亡豆で作った特製「栗きんとん餡」を贅沢に詰め、羊羹を掛け味甚粉(米の粉)を塗して干柿そっくりに仕上げました。 優しく甘い干柿と栗きんとんの上品で奥の深い味わい、柚子の爽やかな香りが、お口の中で、程よく溶け合う和菓子です。


─【市田柿の一つ一つに心を込め・・・】─
柿寿楽 市田柿の果肉が崩れないように気をつけて種を取り除きます。
その中に新鮮な南信州産の栗を使った「栗きんとん」と、北海道産の手亡豆(てぼうまめ)で仕上げた特製の「栗きんとん餡」を詰め形を整え、その後、温めた羊羹に潜らせ表面に味甚粉を塗し、まさに白い粉がふいた干し柿そっくりに仕上げた手造り創作和菓子です。
ジューシーで優しい甘さの市田柿の中に信州栗の風味豊かな栗きんとんを贅沢に詰めた「柿寿楽」は、どこか懐かしい故郷(ふるさと)の味そのものです。

柚子のイラスト そして隠し味に使用しました信州天龍村産「柚子」の爽やかな香りが市田柿本来の味を、更に引き立たせる和菓子の双松庵唯七が特にお勧めする手造り創作和菓子です。
※柚子は年の出来具合によって四国産の物を使用する場合もございます。

─【南信州産素材、市田柿への思い入れ・・・】─
信州栗のイメージ写真 地域ブランドの市田柿や菓子素材としての栗は、自社農園産や地元契約農家で大切に育てられ、秋に収穫した「市田柿は干し柿」に、栗は自社工場で「栗きんとん」にそれぞれ加工します。
柿寿楽の香り付けに使用する柚子は地元天竜村の農家で収穫したものを蜜漬けにした物を使用しています。
そして、私たちは新鮮な地元素材の良さを活かすために、納得できる菓子作りを通じ、お客様に笑顔をお届けするための手間暇は惜しみません。

「柿寿楽」   3個入   1,461円(税込)     詳しく見る   ≫≫
「柿寿楽」   5個入   2,355円(税込)     詳しく見る   ≫≫
「柿寿楽」   8個入   3,672円(税込)     詳しく見る   ≫≫
「柿寿楽」   10個入   4,557円(税込)     詳しく見る   ≫≫

─【双松庵唯七の市田柿(干し柿)】─
市田柿の柿スダレ 自然の恵みを凝縮した「市田柿」・・・・・
11月、唯七農園のある高森地区では,産地ブランド(地域商標)の「市田柿」が最盛期で、農家の軒先やハウスの中に秋の風物詩でもある「柿すだれ」が見られる季節となります。
紅葉もすでに終わり山々は寂しい色合いになりましたが、この時期になると里は、市田柿の鮮やかなオレンジ色や、「ふじ林檎」が真紅に染まり華やかな色に覆われます。
今はハウスの中で干し柿を作る農家がほとんどですが、食品衛生の管理上、「軒吊るし」の風情が年々少なくなって来ている事は寂しいことです。
柿は美味しいだけではなく、栄養面でも優れた果物で、ビタミンC、カロテン類、カリウムなどのミネラル、タンニン類、食物繊維などを豊富に含んでいます。

─【各商品ページへ、詳細やご購入はこちらから(画像をクリック・・・)】─
柿寿楽3個販売ページへ 柿寿楽5個販売ページへ 柿寿楽8個販売ページへ 柿寿楽10個販売ページへ